top of page
  • つよし みやもと

徒然日記5月

 立夏の頃、さわやかな青空が清々しい季節になりました。1年のうちで一番過ごしやすい時期でしょうか。いかがお過ごしでしょうか。


 本日5月5日は男の子の健康と幸福を祈る「端午の節句」とされ、昭和23年に「こどもの日」として祝日になりました。端午の節句の行事食といえば、東日本では柏餅なんだそうです。なんとんく「ちーまーきー食べ食ーべー兄さんがー」のイメージが強いんですが違うんですって。そのちまきなんですが、天気予報でおなじみの㈱ウェザーニュースさんのアンケート「ちまきと言えば」によると、西日本では「細長いカタチで白くて甘いお菓子」が主流で、東日本では「竹の皮で包んだおこわ入りの中華風ちまき」、九州南部では灰汁巻き(あくまき)という木や竹を燃やした灰からとった灰汁にもち米を漬け込んで竹の皮で包んで煮込んだもの、が主流だそうです。

 

ここまで読んで「???」と思いませんでしたか。私たちのちまきと言えば、三角のもち米を笹で包んでイグサで縛ってゆでたもの、ですよね。それを砂糖を混ぜたきな粉をたっぷりかけて頂く、ですよね。この三角でシンプルなちまきはなんと、新潟県だけなんだそうです。世の中にはいろんなちまきがあることは認識していましたが、三角ちまきが新潟だけだったとは思いもよりませんでした。この年にしてひとつ学ばせていただきました。


 ちまきはもともと、茅(ちがや)の葉で巻いた食べ物を「茅巻(ちまき)」と呼んでいたそうです。茅は「夏越の祓(6月30日に行われる残り半年の無病息災を祈る神事)」の茅の輪に使われるように、邪気や疫病を祓う神聖な葉とされていました。なのでちまきは、邪気を祓う食べ物ということなんですね。三角ちまきは笹で巻いてありますが、これは笹の葉には抗菌作用や防腐作用があり、食べ物を長持ちさせるための術なんだそうです。


 ちなみに「ちまき」を漢字で書くと「粽」。この漢字も知りませんでした。日々勉強ですね。

 

 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月のイチおしスタッフ

いつもありがとうございます。 六日町店営業の上村学です。 高校野球北信越地区大会で母校を応援に行きました。危なげなく1回戦を突破し、試合後の校歌斉唱で往年のOBの方々がスタンドで起立し、斉唱している姿に感動しました。今年は強いチームと聞いていますので、2度目の甲子園出場を期待しています。

4月のイチおしスタッフ

いつもありがとうございます。 車体整備事業部の山本 政和です。 春になりドライブが楽しい季節になりました。私もよく遠出をしてラーメンを食べに行きますが最近は血糖値やコレステロールが気になるようになりました。皆さまも健康と交通事故には気を付けて春を楽しんでください。

徒然日記4月

なかなか冬が終わらなかった3月からようやく春らしくなってきた本日は曇り空の4月4日です。いかがお過ごしですか。二十四節気では「清明」。万物が目を覚まし、命の芽を吹きだしてくるときです。山菜のシーズンでもあります。 子供の頃「大人は苦いばっかりの山菜を何でたべるんだろう?」と思っていませんでしたか。けどおもしろいもので、いつの頃からか自分もおいしくいただき、春の楽しみの一つとして欠かせないものになっ

Comments


bottom of page